新築編

静岡県東部 沼津にある建築屋さん クラフトのHPです(∩´∀`)∩

ロゴ



施工までの流れ

施工料金目安

施工対応エリア

ご相談・お問い合わせ




新築

増改築・リフォーム

耐震・制震

エクステリア

施工実績

+Plus









































2014-12
【住人十色の造り!新築編】

新築とは、一般的な用法としては新たに建築物を建てることを指すます。
昔から言われます。『家は三度建てなければ思い通りの家は、建たない…』建築(家)に対して 素人な施工主。プロの職人。 双方の思いが重ならない、一致しない結果がそう言わせている と考えます。施工主の伝えたい事が職人に伝わらない・理解してもらえない… プロとして のアドバイスが伝わらない・理解してもらえない… 互いの立場だけで考え、話すから… そうなるのでは? 素人なりの希望・要望をプロの意見を入れて互いが理解する事ができた なら! そう、一度で十分思い通りの『マイホーム』が出来ます。【住人十色】住む人に よって様々なデザイン・使用形態の違う家!作りませんか? 『クラフト』は、皆さんの夢のマイホーム造りのパートナーとして 設計・監理から施工 一貫してより良い家造りをします。安心出来る 建築会社です。

 

土地と建物のバランスを考えよう!

【要素1】  どんなに土地の条件が良くても建物が良くなければ快適な生活は望むことが出来ません。また逆に 建物が良くても土地の条件が悪ければ同じことです。どちらかがどちらかを補うというのは一戸建  の場合難しい考え方かもしれません。土地と建物のバランスが良いこと、住環境や広さやコスト面  も含めてですが新築一戸建てを選択する上では重要な要素の1つです。 適切なご提案・お見積もり  確かな施工を お約束致します。

設計図面が整っていること!

【要素2】  建売の場合などは設計図面を引き渡さないケースが多い様ですが、設計図面は必ず受領することが  大切な要素です。当面の間は図面を開くことはないかもしれませんが、 将来リフォームする時や メンテナンスをする時に新築時の図面が必要になってきます。図面の有無で物件の価値に影響が でることもあるかもしれませんのでご注意を。(構造など特に耐震面は重要です。)

周辺での災害リスクが高くないこと!

【要素3】  住み慣れた土地に新築を考える。そうでなく新たに土地を設ける場合は、次の事に注意をして下さい  地盤の良し悪しで大きな地震の時のリスクが異なってきます。地震だけではなく集中豪雨による浸水  のリスクも今後は充分に注意が必要です。地震の被害想定や大雨の際のハザードマップはほとんどの  地方自治体(市区町村)で整備されています。事前に確認しましょう。できれば地歴(過去の土地  利用の経緯)も確認できるとより安心です。    

アフターサービスと保障とは違います!

【要素4】  注意して下さい。アフターサービスは、あくまでもサービスで一般的に言われる10年保障などの保障  ではありません。保証内容がアフターサービスとして書かれているケースがありますが内容を確認  して下さい。また、2000年に施行された品確法により建物には10年の保証が義務付けられています。  ただし、対象となるのは「構造体力上の主要な部分」と「雨水の侵入を防止する部分」です。これは  あくまでも義務です。言葉を換えれば当たり前のことです。販売の現場で「10年保証があるから安心  です」ということを良く聞きますが、安心ではありません。10年保証の対象以外となる住宅設備や  壁紙などは通常1〜2年の保証期間が普通です。建設会社も誤解していることも多々ありますので区別  して確認しておくことは必要です。         家とは「計画」と「設計」と「施工(体制)」がしっかりしていなければ不安ですね。建設会社に とっては1年間に何棟も建てる1軒に過ぎませんが、購入者にとって一生に何度も購入しない買い 物なのです。だからこそ、私たちクラフトは、「計画」「設計」「施工」をしっかりと確認して ご提案します。初めから終わりまで。また、その先も より良い暮らしを真剣に考えます。 『+Plus』のページをご覧下さい。建築のうんちく話を読むと家を建てるのに少し役立つと 思います。
     ※ 新築・増改築・リフォームと建築に関する全て、設計・監理から施工まで
             建築のことなら どんな事でもご相談下さい。ご提案・お見積り無料!   
   
戻る!
クラフトホームへ!
進む!

Copyright - KRAFT.CO,.LTD - All Rights Reserved.
株式会社クラフト.com